読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来はポジティブなものだと先に宣言することの大切さ。

おはようございます。

本日の言葉は大好きなオーストラリア出身のスーパーモデル
ミランダ・カーの言葉から


Enpower yourselfという
ミランダの自己啓発本が大好きで
それをbot化してtweetしているのですが

そこから、ポジティブでいる事の大切さを
語っているtweetを集めてみました






コラージュなどでなりたい自分を視覚化することで
より、想像が現実化しやすいんですよ。




外見は内面にも影響していきます。
明るい色を着て!とか言っているわけじゃなくて

もし「自分なんかには似合わない、。」っ思考にブレーキが
かかっているなら、そのブレーキは外して
思い切って、好きな洋服、好きな髪型にしましょう






先に自分の未来を良い方向に決めてしまう。

「人生は毎日だんだんとよい方向へ進んでいると信じる。
コラージュなどでそれを具体化する。
必ず力になるとおもいます。



「私なんてダメ」「私はこんなもん」

そういう自分に対するネガティブな感情は排除して
私は100&であり、美しく、恵まれている。愛されている。
そう思うことでより幸せを引き寄せます。


実際に私の会社の同僚に引き寄せの達人みたいな人がいますが
すっごく楽しそうですから(笑)



今も満足しているけど、もっとキレイになりたい。
もっと幸せになりたい!貪欲に追及していく事って大切だと思います。





夢を現実化するにもまずは思考が先です。
魔法、つかっちゃいましょう!







叶恭子さんの名言にもありますが
とにかく、自分の限界を自分で決めてしまわない事なんです。

自分で限界を決めてしまうと、もしもっと豊かなチャンスがやってきたとしても
それを掴むことはできません。「やっぱりね、。私なんてダメ。」悪循環です。

あなたのすべての可能性を受け入れてください。
成功することを許可してください(o^―^o)






ミランダ・カラーのEnpower yourselfは
素敵な言葉がたくさん詰まっているのですが
今回は「まず思考が先。ポジティブな未来、自分」
をしっかり自分の中に作り出すことの大切さを語った
文章を選んでみました


実は今日この記事を書こうと思ったきっかけとなった
出来事がありました。。。






「思考が先」を体感した私の最近の実体験
ダイヤ



この前、信頼しているメンターの方にこんな相談をしました。

私「子供が保育園を行きたがらない。このまま小学生になって
  行きたくないと言われて早いうちから不登校になってしまったらどうしよう・・。


って相談したんです。そしたら、メンターの方はこう言っていました。

「この子は必ず小学校で楽しい時間を過ごし友達もできて充実した
生活を送ると思い込むの。それをお子さんにも伝えて。

ママはちょっと学校で大変な事があって、辛い時もあったんだけど
○○はとても学校が楽しそうで羨ましい!○○みたいな学校生活なら
私も一回学校に行きたい!ってぐらい言ってあげて。」
 と。


まさに「思考が先」なんですよね~。
その方は交流分析やSTEP(アドラー心理学の子育て版)、再決断
など、いろいろな心理学を勉強している方です。

その方はあまり自己啓発本は読まない方で
「それって自己啓発本でよくある「思考は現実化する!」ってやつですね!」
と言ったら「?」だったので(笑)心理学を勉強してきてでた結論なのでしょう。



その後の実践
ダイヤ



それを聞いてから私はすぐに子供が小学生になったら
すぐに子供部屋をつくろうと子供に伝えました。
子供は「?」でしたが

「だって、小学生になったら友達沢山家に呼びたいでしょう?
だったら、自分の部屋があったほうがいいじゃない?!」
と。

そうしたら子供はうれしそうに「うん!」って言っていました。


「あなたは小学校で沢山友達ができるからその準備をしましょう!!」
って明るい未来を先に決めて行動したわけです。


ここでもし、私がこの法則を知らずに

「保育園行きたがらないなんて本当に困ってる、。
これから小学生になったら、どうするの?
また行きたくないなんて言われたって学校はそんな簡単に転校できないんだよ?


どうでしょう、。この違い。。。。
下の文章はなんとも閉鎖的で重いです、、、。。。


私が引き寄せや交流分析などを勉強していなかったら
普通に言っていたかもしれません、、。怖い、怖い。







注意が必要!ポジティブの落とし穴について・・。
ダイヤ



ポジティブ!ポジティブ!
と、うるさいぐらい言って書いてみましたが
ここれでちょっと、「ポジティブ」の注意点を・・・。


たとえば、
他人に傷つけたらとします。
怒鳴られたとします。
ひどい事を言われたとします。

それでもポジティブな感情を心がけるのは危険です。

あの人だって悪気はなかった
怒られるのも大切なこと
ひどい事言われても笑顔で乗り切る



ダメです。
怒ってください。

ふざけないでよ!
むかつくー!!
なんて事言うんだろう。親の顔が見てみたい!ふんがー!!!
はー?!何言ってのー?!


それでいいんです。
負の本当の感情を全部吐き出してスッキリ
する事もこれ、立派なポジティブです(笑)

怒りがどうしても収まらなかったら
新聞紙でもぐるぐるに丸めてそこらへんにある
クッションを思いっきり叩いたっていいんです。
(これ、メンターの方に教えてもらったやり方なんですよ!)

ネネちゃんのママは怒りが沸くとうさぎの人形叩いて
いましたが、結構正しい対処法だったりします(^-^;




自分の感情にウソをつくことなく、ストレートにに表現する。
素晴らしいじゃないですか!人間なんですから。


偽物の感情(ラケット感情といいます)
をつかっても、本当のモヤモヤした感情が
心の奥底にあるかぎり、その感情は一生消えませんよ~。





と、長くなってしまいました。

このへんで・・・。
あっ、今日あなたに良い事5つおきますよ♪

いってらっしゃい♪